遊技機性能調査が6月1日から行われています。なんか難しそうだな…と思ったパチンコ、パチスロ打ちの方一応知識として入れておくべきと思いますよ



遊技機性能調査

既にご存知の方も多いでしょうが6月1日から遊技機性能調査が行われています。

調査は稼働中のパチンコ、パチスロに対して行われるもので、調査員が無通知で入店し、一般客に混じって一定時間遊技し、釘調整(釘曲げ)等の不正が行われていないかを調査するものです

調査はホールにも知らされないまま、行われる、いわゆる「覆面調査」なのでホール側もドキドキなワケです

釘調整とは

そもそも釘を調整するのは、厳密には違法行為です。
しかしパチンコを打っていて、ヘソ釘が開いている、ワープ入り口の釘が閉まっているなんてのはよく見る光景だと思います

釘を全くいじっていないホールなんて多分ないでしょう。

ひとつの可能性

調査はホールにも知らされないまま行われる為、ホールも毎日釘を締めることはできない。
通常通りの営業をしていたお店にとっては全く問題ない話ですが

釘を締めて締めてへそ釘に玉が乗るくらい締めてたボッタクリホールは釘を空けざる終えないんですね


まとめ

こういった動きが6月1日からあるから釘がいつもより空くかもねって話です。

ただ、今はどうかわからないですが、私がホール関係者だった頃、店長に聞きましたが
パチンコ台は「出荷されたままの釘の状態だと全然回らない」らしいです

こういう客側にとってプラスになる調整も無しとなるのであれば、この調査はメリットばかりとはいえないかもしれないですね

※この辺の話はぜひ☆くんに聞いてみたいところ。現役の方ですから

参考

http://www.yugitsushin.jp/news/etc/遊技産業健全化推進機構、6月1日から「遊技機性能/
http://www.yugitsushin.jp/news/釘の状況に改善みられず」%E3%80%80機構が遊技機性能調/



その他オススメ記事