今回は、未だに言われる「遠隔」「ホルコン」「裏モノ」についてです。結局信じるか信じないかはあなた次第ですけどね。


いまだに
遠隔がー
ホールコンがー
と、よーーーーーく言われるので
実情を少しお話します。
多分ですが私、業界人でもちょっと変わってまして
コンサルとして法人様の裏側を覗いた数では100を超える人間で尚且つ現場を、沢山見てきた業界の裏を少々書きます。


【遠隔】
正直導入店は少ないです。
リスクが大きいのと、尋常じゃない設備費用がかかります。
それに昔の警察検査や機械の基盤ならなんとかなりましたが
今はハッキリ言って見つかります。


私も1社しか知りません。しかももう潰れてそのホールさんは存在しません。
未だにホールに出ると

「スイッチ押して」とか

「○○演出外れた!遠隔だ!」とか

「1,500ハマッタ、遠隔だ」とか

とか言われますが、んなもんありゃ誰もしんどい思いして釘のメンテナンス(調整と書くと違法なのでww)
を夜中延々とやりません。
よく大型店程、遠隔と言われますが大型店やチェーン店ほど入れるメリットは無く、デメリットしか有りません。私の知る限りダイナム、マルハンには遠隔は一切有りません。


【ホールコン・ホルコン】
ホールコンピューターはあくまでホールの各遊技台のデータ並びにホール全体のデータを管理するものであり、集計の役割を担っています。「ホールコンで操作してだして」とか勘違いも甚だしいです。


毎日毎日そのデータを下に、スロットの設定、パチンコ釘のメンテナンスを日々決めているのです。
が、むかーーーーーーし有った、某ホールコンに恐ろしい機能が搭載されてました。

社長 「H君ちょっと、今日会合が有るのでホールから現金もっていくね」

  「へ?」

社長が鍵を挿して回すと・・・・・・粗利が100万円減った

社長 「んじゃ100もっていくね」

  「ポカーン(´Л`)」

100万分を出てもいない各遊技台に分配され、ホールコン上は粗利が取れていない、でも実は取れている脱税機能!その後の調整する身になってよ社長・・・・・・
ま、そのホールさんにコンサルで入ってる最中に税務署来て全部ばれて、そのホールさんも今は・・・・・・


【Bモノ(裏モノ)】
昔はよく有りました。私も使いました。
Bの沖スロとかホントに好きでした(笑)
Aタイプで30,000枚とか出そうと思えば出せました。


スロット専門店で1階普通に北斗やら吉宗やらで、2階全台Bモノとか激しいお店でした。海のモーニング基盤も使いましたねぇ。

でも

でも

今、まず有りません。
機械メーカーや、設置業者が仕込んだと言われている、バジ絆のセット基盤とかは別ですが(書類も検査も設置業者次第なので)
入替の検査の時にぶら下がりや、ROMが違うと、営業停止くらいますからねぇ、リスク犯してまでやる必要性が無いです。


遠隔も脱税も裏モノ、ぶら下がりも今はリスクの方が大きいので、誰もやらないってのが本音です。


まだまだ色々皆さんが思っているより色々有るんですが。
ジェットカットやホッパーカット等々・・・・・・
今回はこんなとこで

この記事を書いた人

現役店長兼コンサルH

設定通りに動けば苦労しない。

その他オススメ記事