どんどん打ち手の肩身が狭くなるジャッカスチームばりの規制on規制ですが、たまにはバーンと景気のいい話があっても罰はあたりませんよね。

どうも、なりたろです。

 

新内規ARTの無理ゲー感を実感する今日この頃。

一日打って一度も1000枚出なかったなんて事も全然あります。

そんなわけで今回はガチガチの稼動記事ではなく若干の雑談も交えながら、新内規の中でも私が一番ポテンシャルを感じる北斗修羅の景気いい話をひとつ。

 

 

実はというとお察しの方もいらっしゃるかもしれませんが、私のマイホというのが

まろかす』さんと一緒なんですよね。以前まろかすさんが北斗修羅設定6の記事を上げていたと思いますし、今回の私の記事もそれと同時期の高設定がバンバン入っていた頃のお話なので二番煎じ感が否めません…

 

が!

 

なんと言っても万枚ですから!!

 

先に結果からお伝えしましょう!!

 

 

はい!というわけでありがとうございました!

 

……。

 

 

それだけじゃないです。

タイトル詐欺と言われても文句が言えない内容になりますが、厳密にはこの北斗修羅の万枚は私が出したわけではないんですよね。

 

 

ではなぜ記事にしたのか。

それは普段数字に従順な私が目の前でにわかには信じがたい “ビギナーズラック” というものを見せつけられたからなんです。

 

 

ビギナーズラックということは初心者が打ったということなのですが、この万枚記録を叩き出したのは私の親しくさせていただいている女性です。

それ彼女やろ!遠まわしに言いやがって!いい加減にせえ!

とお思いになられた方、すみません、仰るとおりです。

 

まぁ誰が打ったかというのはここではあまり触れるつもりはありませんので惚気話でも聞きたい物好きの方は私のTwitterにてお願いいたします…。

 

話が逸れましたが

この日は並びで修羅を打つことに。彼女がスロット初めてということもあり、比較的目押しができなくても打てる修羅はありがたいんですよね。

途中経過は私の台の挙動がすこぶるよく、初当たりを重ねるものの神拳勝舞でやれていないというモミモミ展開。一方の彼女の台というのは朝イチまさかの900ハマり…(笑)

 

パチンコ店の空気の悪さも相まって既に機嫌がすこぶる悪そう…機転を利かせて私の当たり中の台と交代。

私が打ち始めてすぐに強チャンス目から天舞に当選。天舞で無理矢理ARTに当選させて緑オーラの開始画面で元の台に戻りました。

 

ここからがビギナーズラックの快進撃!

 

 

特闘に入ったわけでもなく、ARTレベルの頑張りと玉の振り分けがとにかく強い。押し順チャンス目から12個乗せを何度も持ってきます。

神拳勝舞の勝率も異常に高く、コンスタントに勝っては玉を集めてひたすら玉が増え続けます。

 

 

こうして玉を増やしながら6500枚オーバー!

一番多かった時で87個まで貯まりました。

しかしながらいよいよ万枚見えてきたぞというときに限って玉集め台の嫌なところ、連敗 on 連敗が起こるんですよね。

万枚がかかった最後の神拳勝舞では残りの玉は3個でした(笑)

 

そして…

 

 

万枚達成!

 

玉残り1個^^;

この後このセットで終わり、エンディングも含めて一撃10300枚ほどでした。

 

当の本人は始めてのスロットで初めての当たりで万枚という途方も無い確率の壁を突破したという実感が湧かないようで

 

とりあえず万枚やったぜ。

 

といった感じでした。

そして、もうスロットはいいかな。と本音もいただきました。

私が内心、簡単に万枚出しやがって!ふざけんな!と思っていたのは内緒です。

 

 

ということでとんでもないビギナーズラックのお話でした。

しかし冒頭でも述べましたがビギナーズラックがなくとも北斗修羅はポテンシャルの高い新内規だと個人的に思うんですよね。

ARTレベルさえ良ければ北斗揃いでなくともそれなりに出ますし、転生をマイルドにしたゲーム性だと思えば新内規のいいとこ取りのような台ではないかなと思います。

 

台自体は十分な出来だと思いますしあとはホール側の運用の問題が一番大きいのかな、と。

現役店長兼コンサルH』さん曰く北斗修羅は設定通りに動いてくれなくて困るなんて聞いたり聞かなかったり…。やはりそのあたりのホールの思惑とユーザー目線のすれ違いというか温度差というか…そういう意味では新内規ってどっちにとってもいいこと無しなのかもしれませんね。

 

次回はそのあたり、ホール側(店員)の視点とユーザー側の視点両方から見た現状などに触れられたらなと思います。

私の意外な経歴を話すかもしれませんし話さないかもしれません!

 

今週は読み返してみるとずいぶん雑な構成で読むに耐えなかったかもしれません。

申し訳ありません。次回以降締め切りには余裕を持って推敲しながら書こうと思います(戒め)

ということで最後までお読みいただきありがとうございました。

来週もお楽しみに!

 

この記事を書いた人

なりたろ

パチンコは羽根物からミドル機まで、スロットはノーマルからAT・ARTまで雑食。モットーは広く浅く!よろしくお願いします。

その他オススメ記事