最近のパチスロでは3択は切っても切れない関係。3択を制するものはパチスロを制するといっても過言ではないです。


こんばんは、まさー@です

パチスロで“3択”を迫られることって多いですよね
CZで3択、ATで3択、上乗せで3択、引き戻しで3択とパチスロ打ちの皆さんはこの3択に苦しめられてるでしょう。

そこで学生時代、応用心理学を専攻していたまさー@が3択の選び方で性格診断をしてみます、さらにさらに念の系統まで診断します

 

押し順固定型(強化系)

順押しや逆押しなど最初から押し場所を決めておく

押し順固定型は2種類に分かれます

ひとつは押し順を固定し、安定して1/3を取りに行こうというタイプ
このタイプは宝くじを連番で買うタイプで安定思考
ファミレスに行っても頼んだことがあるフードしか頼まず、秋のグラタンキャンペーンには手を出さない

もうひとつは「レバーオンでこの押し順のフラグを引けばいいんだよ!へへへっ」という男らしいワイルドタイプ
少々強引なところがあり、周りの人には空気が読めないと思われがちだが、女性には比較的モテる傾向がある。

同じタイプの人
nobunaga
ノブナガ

インスピレーション型(操作系)

しっかりと考え、自らの勘(インスピレーション)で選択する

悩みはするが、納得のいく答えをひねりだす為、決定力にすぐれる
しかし、悩みすぎて行動が遅くなりがち。石橋は叩いて渡る慎重派。思いやりがあり優しい人に多いが、1番丸く収まる選択肢を取るので、結局自分が損をすることが多いタイプ

同じタイプの人
goreinu
ゴレイヌ

三箇所同時型(具現化系)

3つのボタンを同時に押す

これも「どこから押しても同じだから同時!」「自分では決められないから同時!」の2つのタイプに分かれる

「どこから押しても同じだから同時!」は クラスに1人はいる、喋ると場が白ける人がこのタイプに当たることが多い。悪い人間ではないし、真面目ではあるが、つまらない。友達にはなりたくない

「自分では決められないから同時!」には優柔不断な人が多く、このタイプが3人くらいで飲みにいくと店が決まらず、最悪そのまま解散になることも少なくない。周りに合わせようという人に多くO型が多くメガネをかけている

同じタイプの人
gen
ゲンスルー

選択肢収束型(放出系)

最初に1つを選択し、当たったらその選択肢を外し残り2つから選択し、また当たるまでその選択肢で続ける方法

頭の回転が早く、有名企業や有名大学の人に多く、他のタイプに比べると比較的年収が高い傾向がある
趣味が読書だったり、映画だったりとインドア派に多い
ある程度のなんでもこなせてしまう器用な人

学生時代にいじめを経験している率が高く、他のタイプに比べると犯罪を犯す可能性が高い

同じタイプの人
pokuru
ポックル

責任転換型(変化系)

自分では選択せずに、横にいる友人に頼んだり横の人の押し順をマネをする

B型に多い。友人に頼んで外した場合「いいよいいよw」とは言っているが、内心「責任とれ」と思っている
学生時代不良だった人に多い、しかし彼女や奥さんはキレイであることが多い

6タイプの中で一番筋肉質である率が高い

同じタイプの人
sadaso
サダソ

モンティホール型(特質系)

最初に1つ選ぶのではなく最初に1つ選択肢から外して、残りふたつから選択する方法
最初66%→次が50%となんとなく1/3より高くなりそうな方法

他人にはいい顔をするので、周りから真面目だと思われがちだが、根はゲスであることが多い。
1人でいることが好きと公言しているが、ただコミュニティ能力が低いだけだったりする

どうでもいいことで悩む傾向があり、鬱になる確率が高い。自殺者が多い1番多いのがこのタイプ

同じタイプの人
paku
パクノダ

さてみなさんはどのタイプでしょうか?

ちなみに応用心理学専攻は嘘です


この記事を書いた人

まさー@

まさー@はパチスロやめました。パチンコもやりません。でもやめたユーザーという視点で記事はたまに書きます。拠点札幌。顔は"まりもさん"似ている。話したことない人にも言われたことあるので、ホントに似てるんでしょうね。

その他オススメ記事