機種の特長や面白さを伝えるのは、ライターとしての務め。
この男に、そんな大それた力はあるのか?

どれどれ。中身を見てみるとしよう。

エヴァ極めるぞ!と言ってから早2週間。

ようやくこれと対峙した内容をかける時が来ました。

考えてみれば、こうしてエヴァを打とうって思うのは、実に「まごころを君に」以来。

BONUS当選時のリーチの出現は、その「まごころを君に」を彷彿とさせるし、ARTとBONUSがうまく絡み合った時の出玉スピードは、「この機種好きかも。」と思わせるほど。

ただね、最近対峙した感じだと、自分に対するATフィールドの張り方が尋常じゃないんです。

全開ってレベルがどれほどのものかは知りませんが、明らかにその全開というレベルを優に超えているんです。

メインとするホールでまずはリセット状況を。と朝イチからカニ歩きをしたわけです。

全17台中、半分ぐらい触ったかな?

リセット時、75%で内部状態が高確へ移行するとあったので、簡単に分かるなと思っていたわけです。

しかしまず、高確時に出やすい演出が分からない……。

だからステージ移行を頼りにしていましたが、、、

ユイの墓前ステージに全く移行しない……。

結局、うち3台で、海洋施設へのステージ移行した台があったので、リセット時の挙動と仮定し、それをしばらく回してみることに。

今度は、100ゲームも回せば、CZが出てくる。とそこを目標に。

しかし、

今度は50%の壁……。

そもそもリセットじゃないってパターンもあり得ますが、CZ当選を示唆する前兆にすら移行しない……。

もう、こうなってしまうと訳が分かりません。

最終的には、前日ART間ハマり台を打ちました。

ホント、朝から何してんすかね?

ただ、前兆中や高確中の演出は、おそらく同じような演出が出やすいということは何となく分かりました。

なので、リセット挙動を正確に把握すべく、後日、全リセ店へと舞台を変えて打ってみました。

すると、海洋施設へステージ移行後すぐに、ユイの墓前ステージへ移行。

ますます訳が分からない……。

いや、リセットかかってなかっただけですよね、きっと。

そして、そうこうしているうちにメインホールでの設置台数が減ることに。

早々にエヴァとの対峙の日々が終了を迎えました。

これからの向き合い方としては、やっぱりART直撃に設定差があるので、直撃を確認できた台、もしくはART初当りが多い台にしておいて、BONUS中特殊役でのセリフを頼りに奇遇判別しながら、続けるか辞めるかを決める。って感じにしておこうかなと。

それと、この内容を読んで下さったエヴァが得意だという方。

どうか、どうか、私に救いの手を……。

そして、

「これからはやっぱバイオ6だよ、バイオ6!」

と、すぐさま乗換えを宣言するのでした……。

それでは、また来週!

 

この記事を書いた人

GINO

大変お世話になっております。Pvotを今後ともよろしくお願い申し上げます。

その他オススメ記事