あなたも、私も、きっとなれる!!!

 

パチスロ人を超えるパチスロ人、それすなわち、超パチスロ人。
これは、前々回のコラム「パチスロ人」から派生して生まれた内容である。
 
 
私は、パチスロ人と奇跡的に遭遇し、また話をすることができた。
 
パチスロ人の話によると、なんでも、100年に一度生まれるかどうかという伝説上の存在、超パチスロ人というのがあるらしい。
 
そして、単なるパチスロ人との違いはこうだ。
 
どちらも出していることには変わりがないが、パチスロ人は気が付けば出ているという感じ。
一方の超パチスロ人はと言うと、ここぞというタイミングで、一番欲しいフラグを引けるらしい。
パチスロの言わば一番面白いところを、一番面白い形で楽しみ、そして勝利を掴んでいるというのだ。
 
 
考えてみれば、レア役の集中や、欲しい時に欲しいフラグが引けたり、またAT、ARTが終わらない展開など、その後の恩恵の大小はあるにせよ、自分たちにも、こんな風に超パチスロ人化する日や瞬間がありませんか?
そして、こういうことが誰にでも時として訪れるからパチスロって面白くて、続けたくなってしまうものですよね。
 
ただ、当たり前のことながら、いつもこうという訳にはいきません。
だからできることなら、それをより活かせる超パチスロ人に近づけるよう鍛錬したいものです。
なんせ、抽選(レバーON等)のタイミングが任意であるというのが、他の何にもないパチスロのすごいところ。
これって、抽選の内容を自ら決められるということに程近いことだと考えます。
 
それならば、超パチスロ人という存在も、それに自分たちがなれるという可能性も否定できなくもないですよね。
いつかは、より多くこんな日を体験できる超パチスロ人のようになりたいものです。
 
 
そして、もしこんな風になれて、また孫悟飯が自分の息子であるならば、彼は涙ながらにこう言うことでしょう。
「お父さんはなれたんだ、超パチスロ人に。」と。
 
 
 
最後に、もうかなり過ぎてしまいましたが、七夕(7月7日)の願い事をまだしていないので、させてもらってもいいですか?
 
たくさんの超パチスロ人化画像をTwitterに載せられますように・・・
 
 
これを読んでくださった方も、自身の超パチスロ人化画像をぜひ自分に見せてください。
よろしくお願いします。
 

この記事を書いた人

GINO

大変お世話になっております。Pvotを今後ともよろしくお願い申し上げます。

その他オススメ記事