何というか、ファンタジー的なものを求めてみた結果、今回はこういった感じになりました。笑
でも案外、動画化しちゃうかもよ。

 

我々が生活を営むここ日本にも、実はまだ発見されていない都市があった。
 
そこには、約300人程の住民が存在する。
 
彼らの見た目や言語は、日本人のそれと何ら変わりなく、至る所で日本社会に溶け込んでいるため、日常の中で出会っていたとしても、何も違和感を感じないし、誰もがまんまと同じ日本人であるという錯覚を起こしてしまう。
 
ただ一つ、普通の人とは異なる特長を持っている。
それは、生まれながらに体感器の機能をその体に有しているのだ。
 
彼らはこの特長を全国のパチンコホールで発揮している。
何か特別なものを隠し持っている訳でもない。
どこか挙動不審な様子を見せている訳でもない。
 
だから、バレることもないし、そもそも、バレるという言葉自体がおかしいのだ。
 
そこで、私は彼らのことを「パチスロ人」と命名することにした。
 
パチスロ人は、とにかく持ち前の能力を発揮して出している。
ひょっとすると、あなたの隣で出しているあの人も、あなたの斜め後ろで出しているあの人もパチスロ人かもしれない。
 
 
 
最後に、
この内容は、もちろんフィクションです。
 

この記事を書いた人

GINO

大変お世話になっております。Pvotを今後ともよろしくお願い申し上げます。

その他オススメ記事