今回のテーマは『ゆとり』です。
自分に言い聞かせるかのように綴らせていただきました。

読んで下さった方々の心にも届くと嬉しいです。

こんばんは。GINOです。

 

 

はじめに、先週更新させていただいた記事に関してです。

 

先週は近隣ホールに言いたい事として、「設定変更してください!!」というメッセージを綴らせていただいたのですが、こちらに対し同調意見こそ無かったものの、Pvotの週間ランキングの方で上位に位置しているところを見ると、全く同じとまでは言わないにしても、同様の感情をお持ちの方が多いのかな?と感じています。

 

「近隣ホール」としながらあえて地域や店舗名を記さなかったのも、僕に限らず同じように思うすべての打ち手にとっての「近隣ホール」としたかったからです。

 

かつて程の賑わいを見せることは今後無理かもしれませんが、少なくともまだ打ち手、もっと言えばファンがいるわけですから、そうした方々へのサービス精神と言えばいいのでしょうか?そういったものを大切にしてくれるホールが多くの方の近隣に増えていって、多くの方が満足感や納得感を得て、楽しめる場所であり続けて欲しいと心から思います。

 

 

 

さて、今回綴らせていただきますテーマは『ゆとり』です。

 

『ゆとり』を持つこと。

 

これは個人的にパチンコ・パチスロと向き合う上でとても大事な事と思っています。

 

 

依存症や射幸心などといった様々な問題を抱えるパチンコ・パチスロ業界。

 

ホール内でのケンカや以前話題となったハンマーおじさん。

 

こうした何かしらの事件が起こるのもパチンコ・パチスロ業界ならではと言ったところでしょうか。

 

「あのハンマーおじさんは今何をしているんだろうね?笑」というのも個人的には気になりますが、それは置いといて、こうした方々の心に少しでも『ゆとり』があれば……ということを思ってしまうのは、きっと僕だけではないことでしょう。

 

 

 

つい先日も、稼働停止となっている「バジリスク絆」を見かけました。

 

データを見ると、朝イチから7スルーの状態で稼働停止。

 

筐体を見ると、「只今稼働停止中」の札が貼られた内側に、誰が見ても分かる程のヒビが入っておりました。

 

「あっ、そゆこと?」

 

思わず苦笑いをしてしまいましたね。笑

 

 

そうなるもっと前に見切ることだって、台を変えることだって、何ならホールを変えることだってその人にはできるはずなんですけどね……

 

仮に7回目のBCでBTを射止めたとしても、単発で終わって同じことをしていたんでしょうね。きっと。

 

そういう時って得てしてそうなりますのでね……

 

 

どなたかは分かりませんが、こういう方にも言えることですよね。

 

『ゆとり』を持とうよって。

 

 

 

最後は依存症や射幸心という言葉に直接引っかかってくる人です。

 

限られた……というか2千円、3千円ほどの僅かな資金で2万、3万という大金を得たいと思って打つような人。

 

または、絶対に負けられない……負けが許されない勝負をするような人。

 

 

これもよろしくはないですよね!

 

たまには上手くいくこともあるかもしれませんが、まぁ殆どは失敗に終わってしまいますよね。

 

そこで得られるものは、どん底程の絶望感と「パチンコ・パチスロ面白くない」という感情だけですので、これも絶対にやめましょう!

 

 

 

 

いずれにしても、これらに該当する方はパチンコ・パチスロを打つべきではないと僕は思いますね。

 

『ゆとり』を持って向き合う。もしくは『ゆとり』を持てる状態になるまで我慢する。

 

ということも時には大切ですし、その方が良い結果もついてくると僕は思っていますので、いつも心に『ゆとり』の3文字。

 

今後の充実したパチンコ・パチスロライフの為にも、今日はこれだけでも覚えて帰ってもらえると幸いです。

 

 

 

ちなみにですが、最後に挙げた例。

 

あれは僕のことです。

 

ですが本日をもって、GINO改め、『ゆとり』のGINOになります。

この記事を書いた人

GINO

大変お世話になっております。Pvotを今後ともよろしくお願い申し上げます。

その他オススメ記事