今回は諸事情から低貸しについて考えてみたいと思います。
皆様からのご意見やアドバイスもお待ちしております。

こんばんは。GINOです。

 

 

今週は何を書こうか?……と、僕はすごくすごく悩みました。

 

 

なぜこんなに迷うことになったかと言うと、先週のコラムで、今週考えた内容のオチをコメントで先に言われてしまったんですよね。笑

 

 

えぇ。えぇ。

 

残虐超人パチスロ狂いさん、あなたのことですよ!!笑

 

 

まぁでも、

 

我々コラムニストにとってコラムへのコメントは、読んで下さった方々とのコミュニケーションの場でもありますし、コメントをいただけることは大変嬉しいことですから、一方ではとても感謝しています。

 

 

もしよろしければ、どうぞ皆様も読んで下さったコラムに対し、お気軽にコメントをお寄せ下さいね。

 

 

受け取ったコラムニストは、きっと飛び跳ねて喜ぶはずです。

いつもより高めに飛び跳ねるはずです。

 

 

皆様、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

さて、今回はどうしようか?って話なんですけど、今回は5スロや10スロ(低貸し)についてにしようかなと思います。

 

 

早速ですけれども、皆様は5スロや10スロは打たれますか?

 

 

僕は実は、あまり触らないんですよね。

 

 

理由は、最終的な金額で見た時に、出玉性能が落ちるからです。

 

 

この意味伝わりますかね?笑

 

 

例えば、ジャグラーなら……

 

1BIGで300枚程度の出玉を獲得できますよね?

5スロだろうが、20スロだろうが、これは一律ですよね。

 

だけども換金した途端、20スロなら6,000円になるものが、5スロでは1,500円にしかなりません。

 

 

当たり前のことなんですけど、これが僕には上手に受け止められなくて、あまり触らないんですよね。

 

 

でも、背に腹はかえられぬと言いますか、20スロで勝負したり楽しんだりっていう余裕もなくなってきましたし、それでも打ちたいなぁとも感じるので、5スロや10スロも今後は触っていこうかなって思っています。

 

 

ただ、従来の僕の考え方では、5スロや10スロと上手に向き合えないんじゃないかとも思うので、これからはこんな風に考えていこう!っていうのをここに記していこうかなと思います。

 

 

①差枚数で考える

 

今まではどうしても「これを流したらいくらになる」という考えをしてしまいましたが、今後は差枚数で考えるようにしようと考えてます。

 

 

②会員カードは必須

 

低貸しともなると余計に、流してもしょーもないって感じてしまったら、もう絶対流さないと思うんですよね。

 

なので、会員カードは必ず作るようにしようと考えてます。

 

幸いにも、低貸しであれば貯メダルによる再プレイを無制限にしているホールもよく見かけますしね。

 

 

 

もっといくつかあるかな?と思いながら①、②としてきましたが、以上でしたね。笑

 

 

こんな風に考えて、今後は僕も低貸しと上手に向き合っていきたいと思ってます。

 

 

はい。

 

といった感じで、参考になるなと感じた極々僅かの方々は参考にしていただいて、逆に「こうするべき!」とかご意見やアドバイスをお持ちの大多数の方々は当コラムのコメントの方にどしどしコメントをお寄せいただければと思います。

 

 

どうぞよろしくお願い致します。

 

それでは、また次回。

この記事を書いた人

GINO

大変お世話になっております。Pvotを今後ともよろしくお願い申し上げます。

その他オススメ記事