やっぱり面白い北斗の拳-転生の章-。
だけど同じことの繰り返しで飽き飽きしてしまうのも北斗の拳-転生の章-。
なればこそ、単純作業をいかにして楽しむか?がこの機種との向き合い方だと思うのです。

 

こんばんは。GINOです。

 

 

工場内に設置されていた機械たちも撤去されとても広々としました。

「あぁ、いよいよここも無くなってしまうんだなぁ~……」

と、寂しいようなホッとしたような……今そんな気持ちでいます。

 

 

仕事と言える仕事も日に日に無くなり、16時までには帰宅しホールへ向かう。

現在はそんな日々を送っています。

 

 

これまで嫌々に仕事をこなしてきていたことを考えると、大好きなパチスロと向き合えている現在はとても幸せな日々と言えるのかもしれません。

収支の方もプラスをキープできているのでもう言うことなしです!

 

 

中でも、最近一番触っている機種が「北斗転生」です。

元々大好きな機種でもあり、かつ、結果も付いてきているので、それはもう楽しく打てているのですが、唯一、神拳勝舞だけがあまりうまくやれていないんですよね。

 

 

僕は普段から「いかに神拳勝舞の1/5をモノにするか!」ということを考えながらこの「北斗転生」と向き合うようにしているのですが、最近の稼働はこれがどうもうまく嚙み合いません。

 

 

勝舞魂を貯める ⇒ 使い切って継続させる ⇒ 貯まらない ⇒ 終了……

みたいな。。。

 

 

直近の稼働でも「ドンドンッ!」という太鼓の音を聞くために、色んなことを試みましたが、何をやっても手ごたえを感じられませんでした。

 

 

まぁ長いことパチスロと向き合ってきてますので、

「こういう時も当然のようにあるんだろうなぁ。」

ぐらいの軽い気持ちではいるんですけれども、それで何もできずに負けてしまっていては楽しめませんので、何か策を講じなければいけませんよね。

 

 

ということで僕は、「神拳勝舞の1/5をモノにする」ことから、「いかに勝舞魂を貯めるか」に考えをシフトしました。

 

 

これが功を奏してその日も勝利を収めることができたのですが……

と、言ってはみたものの、考えをシフトしたところでそうも簡単に貯まるというものではありませんよね。笑

 

 

なので、僕がやったこと……それは……

「とことん遊ぶ!」ことです。

結果として、これが良かったんじゃないかぁと思っています。笑

 

 

具体的に言うと、「右手VS左手」をやりました。

 

 

これは、

闘神演舞1SET40G中、右手と左手と交互でレバーオンしていこう!

といったもので、たくさん勝舞魂を乗せた手が勝ち!となります。

 

 

これが僕の中では意外と楽しめましたので、今回お話しさせてもらいました。

よかったら読んで下さった方もお試しください。

 

 

まぁ、どっちの手が勝ったからといって、何かあるってわけでもないんですけどね!!

ドンドンッ!

この記事を書いた人

GINO

大変お世話になっております。Pvotを今後ともよろしくお願い申し上げます。

その他オススメ記事