いやぁほんと分かんないもんですよね……
どんだけ考えても、こんなに分からないことってあるんですね。


うーん……分かりませぬ……


何が?って、北斗修羅ですよ。北斗修羅。



導入から約1カ月、もうかれこれ9万ゲームほど回してきましたが、「これは高設定だ!」という確信を持って回したのは、ほんと片手で数えられる程度しかありません。



それこそ、「トロフィー」なり「8セット目のエピソード」。それから「特闘時のラウンド開始画面」といった設定を示唆するものが出てきた時ぐらいなものでして……



なら単純に、設定が入っていないんじゃないか?って疑惑も持たれるかもしれませんが、そういう訳でもなさそうなんですよね。



確かに稼働がかなり落ちて、より分かりにくくなってきているのはあるかと思いますが、少なくとも僕が通うホールでは高設定を使っていそうだというのは把握しているつもりです。



では、なぜこうした感覚に陥るのでしょう?
答えは、「結局のところ設定確定演出が出ない限り、はっきりと(設定が)分からない」ということだと僕は思っています。



①レア役(弱チェ、弱スイカ、強チェ)の出現率

②モード移行率

③闘神演舞TURBO突入率



(設定示唆演出を除けば)といったところが現状の設定看破におけるキーポイントになろうかと思いますが、正直どれも不安定と言えますよね。



まず、これらはどれも自分が信用できるだけの試行ゲーム(サンプル)が必要です。
特に②は、

レア役間の(恐らくモードダウン契機であろう)リプレイに翻弄されてモードが上がったのかすら分からなくなってしまうケースや、それが(例えば弱スイカなら)設定1の25%~設定6の40%のうち、どれに当てはまるのかをどう判断するか?

という問題が付きまといます。



また、収支的(出玉的)な話をすれば、結局のところ、「勝負魂をいかに貯めるか」「神拳勝舞をいかに勝つか」の2点に集約されてしまうという点は、みなさんもご存知のことかと思います。



なので、この「北斗修羅」と向き合い方は

・高設定を使っているホールへ行く

・入っていそうな台を選んで打つ

・自分の決め事にそぐわない場合はヤメを考える

当たり前かもしれませんが、それぐらいしかないかな?と思います。



ちなみに、僕の決め事は

・基本的には立ち回らない
(1000G超えているなら天井狙いをしますが、まず落ちてないです。笑
また、神拳勝舞の連敗数も単発回避策でしかないと考えているので、基本的には入りそうな位置を狙っています。)

・1000G消化毎に弱スイカの出現率を確認する 
 ⇒ 1/100以上ならいつヤメても良いレベル
(リプレイ低確率などの状態に左右されない数字なので弱スイカを重視しています。)

・高確滞在時以外での弱レア役からの初当りは全ツッパ
(高確滞在以外での強スイカや強チャンス目からの初当りもツッパします。笑)

という感じです。

「マイスロ」を進めるのに必死なので、僕にはこれがちょうどよい向き合い方です。笑



最後は、直近の稼働をご紹介したいと思います。

総ゲーム数:4987G
闘神演舞初当り:8回(1/425.12)←設定1と2の間
弱スイカ回数:55回(1/85.87)←設定6以上
弱チェ回数(低確率RT中):23回(1/132.91)←設定1以下
中チェ回数(低確率RT中):15回(1/203.80)←設定6以上

投資:1050枚
回収:198枚

という結果でした。



(高確滞在以外での)強スイカからの1/12、強チャンス目からの1/1で初当りに繋がったのと、弱スイカが常時軽く推移したので粘ってもいいなと思いながら打ちましたが、最大獲得枚数は664枚と全くやれなかったのが敗因となりました。


設定は良かったと思うんですけどね……
でも実際にはっきり分かったことは、銅トロフィーが出現したので、設定2以上ということだけです。



うーん……分かりませぬ……



もっと分からないのは……


img_1841


「ケンシロウの肩の後ろに付いたビロビロは、何のために付いているのか?」

です。



うーん……本当に分かりませぬ……



Pvot コラムニスト
火曜日担当『パチスロ愛好家』GINO

この記事を書いた人

GINO

大変お世話になっております。Pvotを今後ともよろしくお願い申し上げます。

その他オススメ記事