こんなの初めてです。えぇ。初めてです。
一体何が起きたのかは、続きを読んでご確認ください。

おはようございます。GINOです。


もう3週間も前の話になるのですが、「黄門ちゃま」シリーズの最新作。


fullsizerender1


こちら。ドラム式のパチンコ機がホールに導入されました。


これを受けて、めちゃめちゃ打ちたくなってしまった機種がありましてね。


そうです。「黄門ちゃま喝」ですね。

ということで、打ってきました。



で、僕と言えば、家康降臨時にストップウォッチを使って楽しむ野郎だということは、知る人ぞ知ることかと思います。

そして、この日もそうやって楽しんで参りました。

そんな中で、初体験の出来事がありましたので、今回はそれをお伝えしたいと思います。



ストップウォッチの使い方をおさらいしてみる

一体何が起きたのかをお伝えする前に、ストップウォッチの使い方をまずはおさらいしたいと思います。


img_1654


液晶画面にこれが出現したら、


img_1663


このように、ケータイのストップウォッチを立ち上げましょう。

これでひとまずの準備は完了です。


では、どのタイミングでどう使うのかをお次にお伝えします。


しばらく消化していくと、リールが逆回転し始め、黄門ちゃまと家康の通話シーンが流れます。

そして最後に、家康が一句詠んだところでリールの逆回転が止まります。


はいっ!ここでストップウォッチをスタートさせましょう。

この後、家康が「ホトトギス!」と言ったところで、ストップウォッチを停止させます。

そこで刻まれた時間がおおよその上乗せゲーム数となる。


というものでした。



これを試される際に注意すべきこと

ストップウォッチの使い方は、お分かりいただけたかと思います。

それでは、この日何が起きたのかをお話したいと思います。


えーっとですね。

運よく家康が降臨しましたので、僕は先ほどの手順で、いつものようにストップウォッチを使い楽しんでいました。

ここまでは本当にいつもと何も変わりありません。

そして、これもいつもの通り、家康が「ホトトギス!」と言い始めたので、僕はストップウォッチを停止させました。


その時です!


なんと家康さん、「ホト!」で止めやがるんですよ!


こんなことあります?

まぁあるからこうなったんでしょうけども……

まさか、こんなGINO潰しの演出が用意されていようとは……

あまりの衝撃に僕まで固まりました。

何ゲーム乗せたのかも記憶がありません……


皆さんも、今後これをお試しされる際には、

家康さんが、「ホトト!」まで言ったのを確認してからストップウォッチを停止させるようにしてください。



あとがき

あ、そうそう。

黄門ちゃまでの初体験の出来事で思い出したのですが……


先日、お風呂に入っている時に、僕の肛門付近にデキモノを発見しまして。

痛くもなんとも無かったですし、触れない限り気にもならないものでしたが、プクーってしてるんですよ。

炎症か何かだったのでしょうか?


同じく初体験の出来事なので、原因もこれが何なのかも分かりませんが、一応、軟膏ちゃまを塗っておいたら翌日、何事もなかったかのように姿を消していました。

よく分かりませんが、どうやら私、


契機不明の紅炎モード、もとい、肛炎モードに当選したようです。

(完)

この記事を書いた人

GINO

大変お世話になっております。Pvotを今後ともよろしくお願い申し上げます。

その他オススメ記事