三度目の正直が正解なのか?二度あることは三度あるが正解なのか?
どっちなんだい!


おはようございます。GINOです。


「三度」と付くことわざはいくつかあります。

中でも、タイトルに挙げた2つのことわざは、矛盾のようにも感じます。

見た目の文字から感じ取れる意味合いは、

【三度目の正直】・・・三度目はうまく行く

【二度あることは三度ある】・・・二度あったことは三度目もある

といったものではないでしょうか。


さて今回は、つい先日参加して参りました、KYORAKUが主催する「ぱちんこバスツアー」のお話をさせていただこうかと思います。

この日で自身の参加回数も三度目を数えました。

過去2回の収支は、

1回目:-90本

2回目:-50本

計-140本と、驚くほど負けています。

ですので今回は、ツアーの内容ではなく「先に挙げたことわざのどっちが正解なのか?」をこの日の結果を振り返りながら考えてみるものにしたいと思いますので、どうぞ最後までよろしくお願い致します。



実践の振り返り

あれだけ負けているにも関わらず、懲りもせず挑んでいく僕はもうどうしようもない奴かもしれません。

「どうせ今回も-50本ぐらい負けてしまうのだから、ご参加の方々に千円ずつお配りして、パチンコ・パチスロには一切触れない方が安くつくのではないか?」

というネガティブな思考も少しだけ持っています。


しかしこれは、『ぱちんこ』バスツアー。

ですので、打たないという選択肢は抜きにして、めげることなく挑んで参りました実践の結果を、まずは振り返ってみたいと思います。


朝イチは沖ドキ!から

何を打とうか迷いに迷いましたが、気が付けば、沖ドキ!をカニ歩きしていました。

4台ぐらい打ったかと思います。

うち2台でBB1回、RB1回を引きましたが、どちらも天国には移行せず、ここでまずはサクッと-10本。


お次はパチンコ、北斗無双

普段なら天国入れるまで打ち続けていましたが、この日は友人とともにツアーに参加しました。

その友人は朝からパチンコを打っていたので、僕も一緒にパチンコを打とうと思いましてね。

北斗無双、隣の台に着席です。

友人が順調にハマっている中、先に当りを引いたのは僕でした。

7本入れたところで、金保留+次回予告から大当り!

しかしこれはSTには入れれずに単発で終了します。

続いての当りも僕でした。
(友人は未だハマり真っ只中←悪意のある言い方をしてみました。)

追加に12本、今度は赤保留。

前半の演出は弱く、これは当たんないだろうなぁ……といった感じでしたが、後半の演出は、キリン柄やボタンのバイブなど、アツそうな強い演出ばかり。

これが見事に大当りに繋がりました。

ここではSTにも突入し7連。約12,000発の出玉に繋がりました。


最後はヤマト

北斗無双で出玉を獲得した僕は、ニコニコ顔で。

北斗無双で600回転ハマって-30本となっていた友人は、死にそうな顔で。

ここでひとまず食事休憩を取りました。

休憩後、最後はヤマトを並んで打つことに。

僕が順調に出玉を削る中、今度は友人が最初の大当りを引き当てました。

それも確変入れて、31連ですよ。

90%ループも伊達ではありませんね!

一方の僕は、未だ大当りなし……出玉も残り2,500発ほどとなりました。

そんな僕にもついにその時が訪れます。

友人が確変抜けして、その後少し回したぐらいで、友人の打つ台とほぼ同時のタイミングで確変大当りを引き当てました。

友人は14連、僕は17連して、最終的には(友人)約20,000発、(僕)約10,000発を流して実践終了です。

最終的な僕の収支は、プラス1万円ほどでした。



正解は……どっちなんだい!

結果的に勝つには勝ちました。

ですので、正解は【三度目の正直】ということになるのでしょうか?


いや、違う!

1万円勝ったとはいえ、ツアー通算の成績は-14万円から-13万円になっただけなのですから。


ですので、本当の正解は【どちらでもない】ということでいいかと思います。

あれらは、単なることわざであり、それ以上でもそれ以下でもない!というのが結論です。




そんなことよりも、





僕から13万円を奪っていった、この「サンド」に対する憎しみはどうすればいいんだい!
(完)

この記事を書いた人

GINO

大変お世話になっております。Pvotを今後ともよろしくお願い申し上げます。

その他オススメ記事