もしかすると、ご覧くださる方々には不快な思いをさせてしまうかもしれません。
ですが、あの「沖ドキ」とやら。僕が触ればこんなもんです。


おはようございます。GINOです。

早速ですが今回は、僕の直近の稼働をご紹介させていただこうかと思います。


某日、名古屋市内のホールへ朝イチから弟と連れ打ちです。

前日実践ホールへ打ちに行っていた弟によると、なんでも、いつになくこの日の整理券を前日に配布していたようです。
気合いの入った日なのでしょうか?

ただ、僕にとってはそんなこと関係ありません。
打ちたい台を打ちたいだけ打つ!
これがパチスロ人である僕のやり方ですから。

それでも朝受け取った整理券の番号は151番。
思っていた程ではありませんでしたね。


さて、それでは実践に移ります。



朝イチは、番長。
そこから、吉宗、化物語、ジャッカス、戦コレ2など。

いろいろと打ち散らかしながらも1,600枚ほどの持ちメダルを作りました。

この時の時刻は18時半。
投資は600枚でしたので、この時点で1,000枚のプラスです。


ま、僕が触ればこんなもんですよ。



そして最後の締めは沖ドキです。
弟の隣の台で打つことにしました。

僕の弟は、沖ドキ狂です。
2016年に入ってから沖ドキに目覚め、どうやらこの7月まで毎月ほぼ沖ドキのみを打ってプラス収支を叩き出しているようです。

そんな弟の打つ台の隣が、現在2連単発で約350ゲーム。
これを打ちました。


すぐに当てて連チャンさせるなんて、あれだけ打ち散らかしながらも1,600枚のメダルを持つ僕にとっては容易いこと。
設定1でも概ね3回に1回はモードが動いてくれる解析数値ですからね。
1/3を引くと思えば簡単です。



そう思っていましたが、これに座ったのが僕の運の尽き。

果たしてモードは動いてくれているのか?と思うほど連チャンしない。
さらには、光るまでにいちいちハマる。

349G 打ち始め
449G RB
639G BB
285G RB
808G RB

7G BB


と、連チャンまでのデータがこんな感じ。
1,600枚の持ちメダルはノマれ、追加に1,000枚。
合わせて、2,600枚のメダルを要しました。


ま、僕が触ればこんなもんですよ……


この後、僕は300枚程を流し、実践を終えました。
結局1,300枚のマイナスです。

はい、こんなもんです……



最後にこの日の感想を綴り終えたいと思います。


僕の隣でカチ盛り6,400枚出していた弟は、さぞ楽しかったろうなぁ……
あぁ、羨ましい……

(完)

この記事を書いた人

GINO

大変お世話になっております。Pvotを今後ともよろしくお願い申し上げます。

その他オススメ記事