今回は僕のお金に対する考え方を綴らせていただきました。
ご覧にいただいた先に、パチンコ・パチスロを楽しめる未来がありますように……

あなたはなぜ、それをためらう?

頭のどこかでそこが楽しい場所であると知りながら……

あなたはなぜ、それをためらう?

それはいつかは返ってくるものなのに……


ここで言う「それ」とは、

・パチンコホールへ行くこと
・パチンコホールでお金を使うこと

です。


負けたっていいじゃない。

明日勝てればいいじゃない。



こんな思考で今日もホールへ足を運びます。

おはようございます。GINOです。
本日も最後までお付き合いの程、よろしくお願い致します。


さて、皆さん。
お金って大事ですよね!

僕たちパチスロ打ちからしてみれば、軍資金にもなるこのお金はやっぱり大事です。

今回は、パチスロやお金に対する僕の考え方をご紹介します。
今日からでもできる思考と行動だと思いますので、ご参考いただければ幸いです。



パチンコホールへ行くこと、そこでお金を使うこと


「パチスロはギャンブルではない!」

まず、大前提として僕はそう思っています。


理由はいくつかあります。

・現実に勝っている人がいる。(勝ち方を知っている人がいる。)
・勝てるからホールへ行く人がいる。
・パチスロよりも稼げる手段を知っているからホールに行かない人がいる。

とまぁこんなところです。


つまり、長い目で見た時に、やりようによっては勝ちしかないようなものがギャンブルなわけがない。
というのが僕の考えです。


とはいえ、1日という短い考え方をすると、毎日勝つというのは難しいことと思いますし、勝っても負けても自分のお金を使って勝負をするわけですから、勝負事であるというのもまた事実です。


かく言う僕は、平日なら仕事終わりの18時以降、休日なら朝からという時間帯の稼働で、僅かながら勝たせてもらっています。

僕の場合は、娯楽に近い向き合い方をさせてもらっていますし、また驚くほど上手いわけでもないですから、もちろん毎月勝てるわけではありません。

月平均にするとだいたい毎月3万円ぐらいのプラスといったところでしょうか。


上手い方、または勝つことに拘って立ち回られている方からしてみれば、ケタの違う大したことのない額かと思いますが、僕はとても満足しています。

そして、こうした満足感を得るために、僕はパチンコホールへ足を運び、そこでお金を使っています。



お金は大事、だからこそ使え!


「満足感を得るために……」

先ほど僕はこう言わせていただきました。


でも、1日に5万円、場合によっては10万円と負けてしまえるのがパチスロです。

こうなってしまえば、僕だって満足は得られません。


ただ、そうとは思っていながらもお金を使います。

それは病気だから?

確かにそれもあるでしょう。

だけど一番は、そこで使うお金はいずれ自分に返ってくるお金だと思っているからです。


例えば、ある日パチスロで負けました。

そのお金は、勝った人、お店に回ります。

お店に回ったお金は、従業員や機種代、電気代や土地代といった固定費、場合によってはお客へ還元するお金になることでしょう。

一方、勝った人、お店からお金を得た従業員はどうするでしょう?

ある人は、外食をするでしょう。

またある人は、衣服を購入するでしょう。

車や家を購入する人、コンビニへ行く人、風俗へ行く人etc……

要は、何かにお金を使います。


今あなたはどんなお仕事をされていますか?

こうして使われたお金が、自分のところへ回ってきてはいませんか?


ねっ!返ってきましたよね!

そういうことなんです。



そうと分かれば


最後は、これらを踏まえ今できることをご紹介して終わりにさせてもらいます。


今手元にある1万円、いや、低貸しという選択肢があるので5千円、3千円でも構いません。

回りまわっていずれは戻ってくるお金だと捉え、

全力でパチスロを楽しむことを始めてみてはいかがでしょうか?


それでは、これにて。

(完)

この記事を書いた人

GINO

大変お世話になっております。Pvotを今後ともよろしくお願い申し上げます。

その他オススメ記事