3月末に開催された#出玉対決イッターに初参戦して参りました。
しかしこういったバトルって、張り合いあってホントいいものですよね!


おはようございます。
GINOです。


先日、4/21発売のパチスロ必勝本を購入しました。
「もう何年振りだろうか?」って思うほど、久しぶりの購入です。


皆さんがどうかは知りませんが、私の場合、こうした情報誌での情報収集は一切していません。
それは、
仕事もありますし、打つ時間を少しでも増やしたいからというのもありますが、


今やケータイ一つあれば解析情報は簡単に入手できますし、自分で打ってみて知識を得たり、向き合い方を考えながら打つパチスロが何より楽しいからです。


なので、情報誌を購入することはおろか、立ち読みすら今までしてこなかったんですよね。
そんな私が今回なぜ、これを購入したのでしょう?



私GINO、誌面に名前が載りました



理由は簡単です!
実は私、先月は終わりごろ、3/26・27に開催の「#17 #出玉対決イッター」に参戦してきました!
なので、「その結果はどうだったのだろう?」というのと、「誌面にツイッターアカウント名が載っていたら購入しよう!」という想いがあったので、これを購入しました。


そして、購入したということは……?
そういうことなんです!


こちらをご覧ください。


IMG_1197


見えますか?笑


16位ですよ、16位。


当日私が何を打ち、どんな内容だったかはここでは書きませんが、楽しくパチスロを打って、また同時に張り合いのある出玉バトルができたのは確かなことです。

その結果、こうして認知度の高い雑誌に名前が載るというのも、大変嬉しいことでした。

「また今度、さらに良い順位を目指して挑みたい」


というのが感想です。


では、さらに上位を目指すには、何枚を目標に挑めば良いのか?

今回の上位者の枚数から勉強していきましょう。



参加者は猛者だらけ


まずは、今回の参加者数。

誌面のQRコードから全順位を確認してみたところ、一番ケツが44位でした。
実際にはメダルを流せなかった方もおみえになるかと思いますので、最低でも44名以上の方が参加されていたというのは間違いないことです。


では、次に10位~4位の方々の枚数を見てみましょう。

IMG_1196

こちらをご覧いただければ分かるかと思いますが、概ね5000枚の出玉を獲得できればここに来れるかな?という印象です。


てか、5000枚って!
ご参加の皆さん、ちょっとこれはスゴすぎません??笑


4位の方で9000枚OVERですからね!

「じゃあ上位3人は何枚出したんだよ!?」

……って当然なりますよね?


それはこちらでご確認ください。


IMG_1194


ぜ、全員万枚出してるぅ~~~!笑

ご覧の通り、上位3人が3人とも万枚OVERでございます。



まとめますと、

5000枚出せれば「まぁ10位以内には入れそうだな。」

8000枚出せたら「上位5人に入れるかなぁ?無理だろうなぁ……。」

万枚出せたら「どうか1位になれますように……。」

という感じです。

はっきり言って、猛者しかいません!笑

KEN蔵チェアマンからのひと言でもありましたが、

「決められた日にたくさん出すことはとても難しいこと」です。

私もこれに参加させてもらう前から身を持って知っていたことです。

にも関わらず、この結果ですからね。
主催者であるKEN蔵さんも大変ですね。笑



あの……Pvotでも出玉バトルやっていますよ


そうなんです!

私がその難しさを身を持って知っているのは、これをやっていたからなんですよね。


過去3回、こちらを開催していまして、大体1週間~10日間の開催期間が設けられています。

概要等は、下記リンクからご確認ください。

第1回:【Pvot企画】Pvot東西出玉合戦開幕

第2回:第2回Pvotパチスロ出玉バトル開催します

第3回:第3回Pvotパチスロ出玉バトル開催決定!


現状、これへの参加者は所属するコラムニストと数名の読者様といったところです。

なので、次回以降の開催が決まれば、これはチャンスと言えますよね!
#出玉対決イッターにご参加の皆様、こちらもご参加いただいてはいかがでしょうか?


でも、思ったんです。

「どうしてこんなにも参加者の人数が違うんだろう?」って。


そんなにオリジナルのKEN蔵さんシールが欲しいですか?

そんなに誌面に名前を載せたいですか?

私がこれを問われたなら、面と向かって、また強い口調でこう言ってやりますよ!








「はいっ!欲しいです!」

「はいっ!載せたいです!」

と。



あっ、そゆことか……

(完)

この記事を書いた人

GINO

大変お世話になっております。Pvotを今後ともよろしくお願い申し上げます。

その他オススメ記事