「北斗強敵」での設定看破は未だ継続中の目標ですが、今回は、もう一つの目標であるマイナス収支機種でのリベンジを目指し打ってきました。果たしてマイナスをとりもどすことができたのか?
という内容を変更して、自身のパチスロ感をお送りしたいと思いますので、続きを読んであげてください。


皆さん、おはようございます。GINOです。


えーっと、今回はRoad to の#5ということでですね……
#3時点でのマイナス収支の機種で、マイナスを取り戻すぞ!
という内容を書いていこうかと……


思ったんですけれども。
内容を変更して、稼働結果はギュギュっと凝縮したものとさせていただいて、自身のパチスロ感を綴らせてもらおうかと思います。


理由は……
書いてて気分がイマイチ乗ってこなかったからですね。笑


もうかれこれ、1年近くここPvotのライターとして、週一の更新を欠かすことなく取り組んで参りました。
その中で、世の中に溢れかえっているような稼働結果を書いていくよりも、一人のライターとして、またパチスロ打ちとして、自身の考えを書いていく方がいろんな意味で良いという判断をさせていただきました。


パチスロへの考え方も、向き合い方も人それぞれです。
なので、5万人打ち手がいれば、5万通りの考え方があるものだと私は思っています。


この人はどんな考えでパチスロと向き合っているんだろ?
って、気になりません?


私は、気になりますよ!
Pvotライター全員のそれを知りたいぐらいです!


勝ってる人や楽しんで打ってる人って、そういう考えで向き合ってるんだ。
じゃあ自分もマネをしてみようか?

とか、

この人は、自分と考えが近いんだなぁ。
って、より親近感が湧いてきたりとか。


まぁ当然のことながら、その逆のことを感じる場合もあることかもしれませんけども、そんな目線でも今回の内容と、ここPvotの記事を楽しんでいただけたらと思う次第でございます。


ということで本日も最後までお付き合いの程、よろしくお願い致します。

マ イ ナ ス は 取 り 戻 せ た の ?


はいっ、それではまずこの見出しについて書いていきたいと思います。
以下、75pt~78ptの稼働結果です。


【北斗の拳 転生の章】
-2,553枚 ⇒ -1,454枚


【押忍!サラリーマン番長】
-3,029枚 ⇒ +3,591枚
(前回の+4,107枚を含む)


【BLACK LAGOON2】
-924枚 ⇒ -1,174枚


【魔法少女まどか☆マギカ】
-1,700枚 ⇒ +1,270枚


という結果でした。(自分でも驚くほど簡単なものになりました。)

G I N O の パ チ ス ロ 感

先ほどの見出しでの内容をご覧の通り、一気にプラスへ転じた機種もあれば、マイナスを減らせた機種や逆にマイナスを増やしてしまった機種もあります。

どの機種にも当てはまるのは、特にこれといってそれを打った明確な根拠があったわけでは無いということ。

強いて挙げるとすれば、今舞台としているホールさんでは、設定変更挙動に遭遇する日がほとんど無いので、前日ちょっとでも挙動が良さげなら打ってみるというぐらいですかね。


なので、この日はたまたま出てくれたのだと。
たまたま楽しませてもらえたのだと。
どうもありがとう。本当に心からありがとうと。


そんな風に感じています。
だって考えてみれば、すべての機種において、マイナスを増やしてしまう結果だって当然あり得たわけですから。


とりわけ、このホールさんでのパチスロの総設置台数や、設定変更挙動との遭遇率を考えると、一番上と向き合える機会なんて滅多に無いでしょうからね。


さらにはほとんどの場合、19時以降からの実践ばかりです。
Aタイプの機種を触らないと誓い、この企画に挑んでいる私にとって、これは大きな痛手です。


よく回せても2500ゲームぐらいなもんでしょうし、少しの狙い違いが大きなマイナス収支となってしまうことだって大いにあり得ます。


それでも、よほど投資が嵩んでしまった場合を除き、期待値には目もくれることなく打ちたい機種を打ってしまう私……
そんな私がパチスロと向き合う上で一番大事にしているものは、設定と流れです。


昨今の機種は、設定不問で出玉を稼げる機種が多くを占めます。
しかし、やはり出玉を作るための入り口が多く設けられているのは高設定ですよね。
なので、一つは設定


しかしながら、この設定というのも曲者で、設定発表の無い現代において、それを間違いなく一番上だ!なんて言い切ることは、確定演出でも出てくれない限り、多くの場合で不可能だと思っています。


例えば、上なら安定して出るというAタイプの機種で、ジャグラーを引き合いに出してみましょうか?
合算にして、約1/120という一番上でのボーナス確率。
これが、8000ゲーム以上回して、1/90を切るデータをちょくちょく見かけます。


これらは、一番上ということでいいんでしょうけども、ここで言いたいのは、
安定という言葉が使われる機種で、ここまでブレるんですよ!?


設定3・4の合算なんて、簡単に設定6の数値になってしまうと思いませんか?
また、これよりはるかに少ない抽選契機であるはずの、AT・ART機の看破要素がブレないはずがないと思いませんか?



でも現にこういうことがあり得るわけです。
自分はこれが流れというものだと思っています。
この勝負は、出せなきゃ勝てないわけですから、この二つ目の流れも大事にしたいところです。


私の向き合い方、要はこういうことです。

とりあえず、打ちたい機種を打つ。
先ほどのブレを加味しながら、上かな?下かな?などと考えながら打つ。
ありそうだと思えるうちは気の向く限り打つし、ないと思えば次のめぐり合いを待つ(探す)。
最後は、設定変更状況や看破要素の数値を思い出しながら、今勝ってるの?負けてるの?ということと合わせて判断する。

といった感じです。


勝負は時の運とよく言いますので、高設定をツモることや偉いフラグを引くことなど、全部ひっくるめて皆さんもこの勝負、存分に楽しまれるのが良いと思いますよ!
もしダメでも、明日、明後日と楽しむためのチャンスはまだまだいくらでもありますからね!


今後も、その門は開いていないようで開いていますよ!ってところを多くの方に証明できるよう、気張って行きたいと思います。


それでは、また来週。

バ ッ ク ナ ン バ ー


Road to 100pt #0
Road to 100pt #1
Road to 100pt #2
Road to 100pt #3
Road to 100pt #4


この記事を書いた人

GINO

大変お世話になっております。Pvotを今後ともよろしくお願い申し上げます。

その他オススメ記事