日曜日はPvot編集長である私がサイト運営者の立ち位置で様々な語りをしております。
第7回はPvot.comの今後です


こんばんは、編集長です。
今回は

Pvot.com の今後です


とりあえず

パチスロサイト 1GAME(ワンゲーム) – パチスロ業界を盛り上げよう

1GAMEさんの有名イベント『百鬼夜行』のようなイベントをやってみたいですね。
しかし、住んでる場所がバラバラすぎてみんなが集まるのは、大変ですw
特に私は北海道ですから、陸繋がってませんからね。



現在「引き弱決定戦」を開催してますが、もっと規模をあげて Twitter などを使って擬似的にみんなで打ちに行ってる雰囲気をつくりたい。
正直最近の台ってつまんないじゃないですか?
それでもパチスロ、パチンコが好きだから打ってるって人結構いると思うんです。


友達を打ちに行くの楽しくないですか?


友達と並んで打つと楽しい。
クソみたいなハマり食らってても、横の友達に愚痴って耐えられるし、友達の台見てれば良い。
最近のクソみたいな台でも、お互いの台の演出とか見合って楽しめる。


もう今後出玉感にはほぼ期待できないので、”遊戯” として楽しむしかない。


打ち手側が遊び方を工夫するしかないんですよ。
嘆いても仕方ない。


Twitterで、「こんな演出でた」「こんなに上乗せした」なんて呟きを見つけてもなかなか、それにコメントしようとは思わないですよね。たまーに私もそういった呟きをしてみることありますが、ほぼ反応なんてないです。
まぁTwitterの呟きなんて。半分は自己満足なので、全然いいんですが。たまに反応もられると嬉しくなります。


そういう反応をしやすい雰囲気を作り出せたら遠くにいても擬似的に一緒に打ちに行ってる感覚が味わえるんじゃないかと思うんです。


「Pvot出玉バトル」もその一環で、何度か開催してますが、まだまだ一般参加が少ないです。
それはPvot.com自体の知名度が低いからに違いないです。


続けていけば、きっとひとり、またひとりと増えてくれるんじゃないと期待してます。
こういうのは人が人を呼びますからね。


解析サイトにはしない

一時期解析をサイトに載せようと思ったことがあります。
そのための準備もしてたんですが、色々考えてやめました。


確かに解析サイトは人気ありますから、解析載せれば見る人も増えると思います。
でも解析サイトっていくらでもあるんですよね。


できれば別の路線でいきたい。


現状のPvotはパチスロ個人ブログとほぼ変わらないです。
違うのはコラム書く人が複数いるので、いろんなタイプのコラムが読めること。


いろんなタイプの人がいるから、複数の角度から台の感想があったり、立ち回りがあったり。
そういうのはコラム書く人が複数いることのメリットです。


このあたりの強みを使った “なにか” をしていきたい。


この “なにか” が見えてこない……。 


なんだ、どうしていけばいいのだ……。
運用迷子である。


色々書いてて結局まとまらないので、また一週間考えます。

この記事を書いた人

その他オススメ記事