日曜日はPvot編集長である私がサイト運営者の立ち位置で様々な語りをしております。
第6回はPvot.comをウェブマスターツール(Search Console)で分析します。


こんばんは、Pvot編集長です。

先々週から、Pvot.comでは『Pvot引き弱決定戦 』をひっそりと開催しています。
身内での企画ですが、1ヶ月の収支を発表し、誰が一番引き弱かを競い合います。

【養分は誰だ?】Pvot引き弱決定戦 !!!【メシウマ満載】


【これが引き弱】Pvot引き弱決定戦 1週目途中経過【メシウマしろ】


【メシウマ】Pvot引き弱決定戦 2週目途中経過【当たらない、上乗せしない】

企画立案は、元Pvotメンバーの「テスラ」氏
テスラさんのブログはこちら → 夢の丘 @テスラのgdgdブログ


こういった企画はほぼPvotメンバーから提案いただいてます。
ダメですよねぇ、こういった企画も私が考え、私が率先して提案していかなければならないです。


兎にも角にも、『Pvot引き弱決定戦 』をよろしくお願いします。ぜひ “メシウマ” してください。

検索アナリティクス順位分析

search-console1
search-console2

これは、【Search Console】というツールの【検索アナリティクス】の画面です。
Pvotに来たユーザーがどんな検索ワードで検索したのかを確認することができます。
さらに、Googleの検索結果で何番目にPvotのページが表示されるかも確認できます。


順位については、かなりズレがありますが、1.0だと検索結果の一番上に来てるはずです。
例えば、 “4. 毒島覚醒” が掲載順位 1.0です。これは【パチスロ 学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 】の上乗せ特化ゾーンの名称ですが、実際に Google で検索すると

%e6%af%92%e5%b3%b6%e8%a6%9a%e9%86%92

Pvotの記事が一番上に来てますね。
検索結果の 1 番上に来る記事は必然的にクリックされる率が高いです。


皆さんが、普段何かを調べるときを考えてもらえばイメージしやすいと思いますが、1ページ目の上位の記事をクリックすることが多いんじゃないでしょうか。検索結果のページを何ページも進めて、記事を探すことは少ないのではないでしょうか?  そのため、掲載順位10位以内くらいに入らないとほぼ検索からの流入は期待できないです。

検索アナリティクス用語分析

こういうの見てると、面白いです。
“6. パチンコ 売春” ってなんだよw と思いましたが、実際に検索してみると、☆くんの【実話】パチンコホールの駐車場で負けた女性に誘われた話 が上位に表示されて、なるほどと思いました。
それと同時に、“パチンコ 売春” で検索してるユーザーがいることに戦慄しました……。


検索アナリティクス眺めていると、いろいろと傾向がつかめてきます。

・ ”設定6″ というワードで検索するユーザーは結構多そうだということ

・ 上乗せ特化ゾーンの名称で検索するユーザーは多い、さらに掲載順位上位が狙いやすいのではないか?ということ

・ “Pvot” で検索されることはほぼないということ (残念無念)

・”札幌” という用語で検索が比較的多いこと (おそらく自分が住む地域名を検索している) そして結果として掲載順位上位が多い為、ずっとPvotのランキング上位にある【ぶっちゃけ】札幌近辺パチンコ屋レビュー2【ぶっちゃけ】 が高いPVをキープしていること


傾向をつかめれば、どんな記事で高いPVが狙えるのかがなんとなく見えてくるはずです。


 “パチンコ” “パチスロ” などのオーソドックスな用語で検索するユーザーは多いと考えられますが、Pvot以外のサイトが強すぎる + 検索結果が多すぎる為、”パチンコ”  “パチスロ” で検索した際は、Pvotの記事はなかなか表示されず、クリックされることもほぼないです。
※ 試しに  “パチスロ” で検索して、Pvotの記事を探してみましたが、検索結果15ページまでいってもひとつも表示されませんでした。


その為、オーソドックスすぎず、ニッチ過ぎないワードをタイトルや文章に含めることが、高いPVの記事を生み出すコツと考えられます。

この記事を書いた人

その他オススメ記事