これから日曜日はPvot編集長である私がサイト運営者の立ち位置で様々な語りをしていきたいと思います。
第一回はPvot.com-パチスロ・パチンココラムサイトのサイト名の由来です。


こんばんは、Pvot編集長です。


先日、コラムリストメンバーの、言葉は良くないですが「人員整理」を行いました。
しばらく更新のないメンバーに継続の意志を確認したところ、ほとんどのメンバーが継続の意志なしということで、脱退されました。


仕事の関係だったり、体調の関係だったりと理由は様々ですが、寂しい限りです。
Pvot.comではコラムリストに、現状執筆料等はお支払いしておりませんので、こちらも書くことを強制はしておりません。それでも初めはみなさん  “書きたい” と応募してきてるんですけどね……。


Pvot.comでコラムリストを続けるには、書くことに “メリット” を求めるタイプには向かないかもしれないです。
書くことを “楽しめる” 人でないと長続きはしないなと最近は思ってます。


ちょっと愚痴っぽくなってしまいましたが、本題に入りましょう。

Pvot.comの由来




実はこのサイトを始めたときは『Pvot』という名前ではありませんでした。
初めは

スロ通 – Slotsu-

という名前でした。
スロット通信の略です、ファミ通みたいなものです。
約1年くらいはこの名前で運営しておりましたが、色々なことあって、現在の『Pvot』に変更しました。


この色々なことというのは、まぁすったもんだあったわけですが、いずれそれについても書きたいと思います。
この『スロ通』以外のサイト名の候補の中に今の『Pvot』の名前がありました。
なので、結果的に繰上げ合格みたいなものですね。


『Pvot』は英単語の “pivot” が由来です。
意味は

 先端が円錐形になっている回転軸。計測器や時計に用いられる。
 ゴルフで、クラブを振る際に背骨を軸にして肩や腰を回転させること。
 バスケットボールなどの球技で、ボールを持った選手が片足を軸にし、もう一方の足を動かしてからだの向きを変えたりすること。

引用元 : コトバンク

です。
  “pivot” には回転に関する意味があり、それがパチスロとマッチするな、というところから来ています。
それと、バスケットボール経験者はピヴォットというテクニックはわかりますよね。
ピヴォットは、軸足を動かさないでもう一方の足を動かしてからだの向きを変えたりするテクニックです。軸をうごさない、軸がブレないサイトにしていきたいという想いも込められています。


サイト名には “P” を頭につけたかったというのもあります。

・P-WORLD 全国パチンコ-パチスロ機種情報

・P-1 パチとも倶楽部 | TVO テレビ大阪

・P-martTV – パチンコ動画・パチスロ動画配信サイト

・P-ken.jp – 株式会社SANN

など、パチンコパチスロ関連のサイトには “P” から始まるサイト多いです。
一番意識したのは 『P-WORLD 全国パチンコ-パチスロ機種情報』です。
Googleで “P” 一文字で検索したら、 『P-WORLD 全国パチンコ-パチスロ機種情報』が一番上に来るのがすごいです。『Pvot』も “P” 一文字で検索したときに、Googleの検索結果1ページ目に表示させるのが隠れた目標ですw


第1回は『Pvot.com-パチスロ・パチンココラムサイト-の名前の由来』でした。
次回は『Pvot.comのロゴの秘密』です。

この記事を書いた人

その他オススメ記事