「第2回Pvotパチスロ出玉バトル」終盤戦!知識ゼロで「鬼武者3 時空天翔」を初打ちしました!
この機種が個人記録となった訳なのですが、どういった経緯で出たかは続きをどうぞ!

私は新台を打つ際、知識ゼロで探りながら打ち、あとから調べるのがまた楽しかったりします。
今回の「鬼武者3 時空天翔」も例外ではないのですが、 4号機時代からシリーズ化されている注目の機種ってだけでも打つ前からワクワクしたりも。


そして【第2回Pvotパチスロ出玉バトル期間】とも相なればもう気分は遠足前夜みたいなもの。


しかし、その前夜アクシデント発生。


「第2回Pvotパチスロ出玉バトル」に参戦する為アイフォンの充電をチャージ。





翌朝、バッテリー残量を確認する。
あれ、充電されてない?
充電ケーブルに目をやると……






元が外れてるじゃん。
てな訳で充電が残りわずかという中での参戦となりました。
本当は色々な演出を写メ撮る予定でいたのに……
簡単ではございますが、雑感を記したいと思います。






実際、打ってみると新鬼武者の後継機と謳っていますが、スペックはだいぶ変化していますね。


バトルAT「斬魔一閃BATTLE」とメインAT「時空天翔」で出玉を伸ばしていくタイプになるんですが、この辺は蒼天の拳2っぽいなぁーと。


とにかく、「斬魔一閃BATTLE」からバトルに勝って、上位AT「時空天翔」を目指さなればなりません。 
鬼モードからの「時空天翔」直撃などもありますが、そこでやっとスタートラインに立てます。


蒼天の拳2と違うのは、「時空天翔」が終了したらバトルATには戻らずAT終了となること。
このATが終わったら継続バトルでもあるのかな?なんて思いながら打ってたら、あ、何もないのね。
(残りゲーム数のカウントダウンで薄々気付いてたけどね。)





水晶球「鬼修練」で軽く事故る。
ゲーム数上乗せなのは個人的に好きですね。
純増は約2.5枚/Gと抑えめでスピード感こそ劣るものの差枚数管理型よりも慣れ親しんだ上乗せ感があります。


エッフェル塔ステージがうまく絡んでバッサバッサとゲーム数を乗せないと正直厳しく感じます。
周りは駆け抜け事案多発中。


3人パーティーで、レア役を引いて水晶とゲーム数をどれだけ貯めれるか、どれだけ乗せれるか。
今回、記録が出せた要因は強い特化ゾーンやフリーズ引いた訳でもなくほぼこれだったり。





見間違えでなければ風の水晶でガルガンドバトル(擬似ボーナス)も獲得できました。


1番弱い水晶でも一応夢はみれそうですが、おそらく薄いところを引いたんだろうな。 確率の振り分けが気になるところ……。
おそらく、ほぼ低継続率での上乗せがデフォだと思います。





この後、わりかし早いゲーム数で鬼モードから「時空天翔」に直撃し追加約1000枚ほど獲得。
ちょっと回してヤメ。




投資:200枚
回収:3141枚
差枚:2941枚

設置台数も多く個人的に頑張って欲しい機種でもあります。
設定変更(リセット)で800Gに天井が短縮されるので、ホールが稼働促進に使いこなしてたら狙い目はあるかもしれませんね。

その他オススメ記事