ギャンブルで勝つ為にはどうすればいいの?知識が十分にあっても勝てないんだけど?とお思いの、そこのアナタ! ”適正”は足りてますか? 今回はいつもとは違う角度からギャンブルにメスを入れていきたいと思います

みなさんこんばんは

孤高のスロッター
てーいちです

本日はパチとスロの枠を越え、もう少し大枠の捉え方で
投資(投機?)について考えていきます



投資とは

投資(とうし、英語:investment)とは、主に経済において、将来的に資本(生産能力)を増加させるために、現在の資本を投じる活動を指す(現代において、生産能力の増加しない商業活動はこれに含まない)。広義では、自己研鑽や人間関係においても使われる。
どのような形態の投資も、不確実性(リスク)が伴う。一般に、投資による期待収益率が高い場合、不確実性(リスク)も高まる。この一般則に反する取引が可能な場合、裁定取引が行われ、収益率の低下またはリスクの増大が起こる。
(引用元:wikipedia)


パチンコ・パチスロでも「投資」という言葉を使うのでとりあえずは投資という事にしておきましょう
(知り合いの元パチンコ店員に”パチは投資”と言うとすごいバカにされますがw)


最近色々な投資関連の本を読んでいて
ギャンブルには”適正”が最重要だと思い知らされました

何も考えず投資をすればマイナスになるが、知識と適正が加わって初めてプラスになる
パチンコ・パチスロはもちろんのこと株・FX・その他もろもろジャンル問わずにこの条件は当てはまります




勝利時のグラフイメージ

20150614-1

この中の2つの要素が重なった時が勝てる状態で、運はその時によって違うものである為、常に重ねあわせることは難しいですが「適正」と「知識」は常に重ね合わせる事ができると考えます
この状態を継続し続けられる人がギャンブルを生業としていける人なのです

私は現状適正は無いので
勝てた時は知識と運がたまたま重なった時、もしくは運だけで勝った時だと考えています

適正という言い方をすると分かりづらいので、少しまとめます




適正とは

そのジャンルの投資に対して知識を十分に活かすことができる事を”適正がある”とし、主に性格や習慣などに左右されることが多く「生まれ持った才能」という言い方が、一番分かりやすいですかね

簡単に言うと、無駄な投資を一切しない(遊び打ちをしない)、ギャンブルを仕事として向き合うことができる等の、精神的な強さの部分を指します

私は、ギャンブル中毒者に多い「つい熱くなって財布の中身を全部使った」という類の人なので、この適性を鍛えるには並大抵の努力では不可能ですw




まとめ


結論として

適正+知識=(継続的な)勝利

適正がベースに有り、知識を兼ね備える事によって安定した勝利を生み出すことができる
これが常勝ギャンブラーの方程式だと考えています

これを書いていて、小森まなみ氏の
「夢+努力=現実」というフレーズを思い出してしましましたが、根本的には同じことですよね
いや、違うかw

常勝の考え方は個々によって様々だと思うので、安定した勝利へのルートの一つとして考えてもらえば良いと思います








参考文献

ずっと探していて、まだ書店で発見できていないので未読の文献なのですが

9k=

図解 博才が必ず身に付くギャンブルのセオリー 最強ギャンブラー芸人じゃいばかりがなぜ儲かるのか?【amazon】

お笑いトリオ「インスタントジョンソン」のじゃい氏

お笑いのギャラ「1割」ギャンブルのギャラ「9割」という本人の発言も有るように
我々パチンカスからしたらお師匠様とも言えるような方

ギャンブルの収益で5000万のマンションをキャッシュで購入したり、WIN5(3000万超の配当)を当てたりと本業がギャンブルなのでは?と思わせるほどの才能の発揮っぷり

つい最近まで知らずに過ごしていたので、是非本を手に入れて勉強していきたいです

皆さんも興味を持たれたら、この本に限らず投資関連書籍を読まれる事をおすすめします
もしかしたら、今まで見えて来なかった立ち回りのスタンスを発見することができるのでは?


以上、長々とお付き合いありがとうございました

その他オススメ記事