待っていた新台「偽物語」を遂に初打ち。西尾維新作品大好きの私は無視できない台。最近の台ではかなり良さげな感じ?


この仕事に就いて早いもので、3年が経つ。
昔の人の言う所の一つの区切りを迎えたわけだ。この仕事に就きたかった訳では無く、行き着いた先がここだった。何度も面接に行き、落ちてはまた受ける。疲れきったその先で、たまたま受かったのが、今の仕事となっている。小さな出版社の編集部 入るまで、聞いたこともないような小さな会社だった。



こんにちは~フリーズ王子です。
初めての方もそーじゃない方も以後、お見知りおきを^_^
では、実践へ

第14の刺客  偽物語

 
どうしても新台と言うか、【偽物語】が打ちたいが為、入ってないとわかっているいつものホールへ


2日目で一応前日のデータ確認済みだったので、1時間前から並んで、二番入場。
3台の1番手前の前日二番目にでていた台へ


いざ、偽物語の世界へ出陣!


投資150枚スイカから赤7ビック
すぐ飲まれ追加、ちょくちょくビッグ
飲まれてはビッグの繰り返しで、ARTに入ったのは総投資1300枚目
 
700枚を戻し、持ちメダルで


偽物語2


お、恩恵期待!!!



 
・・・・・・!



 
ビッグのみ!!!


解呪すらないだと!
8000分の1の意味


なんとか持ちメダルで初倍々

偽物語3


【怪異揃い】


うん何もおきなかったよ


少し帰ってきて


持ちメダルで


偽物語4


初エピソード


ガハラさんの可愛いさぱねーな
これがなんとか伸びて


結果

投資1300枚
回収2300枚


前日の下見で手前か真ん中の2択だった。並び二番で一番の人は当然偽物語かと思った。もしも、あの一番の人が偽物語に向かい、手前を取られていたなら、必然的に真ん中の台だった。


真ん中の台   7000枚オーバー。一撃ね。


まー小役の引きハンパなかったし、自分じゃあんないかなかったかもだけど、もしもを考えてしまうよねやっぱ^^;
 

偽物語 総評

もーこの記事出る頃にはみんな触ってるだろうけど、化物語ファンにはたまらん台。
ゲーム性も最近ではピカイチではなかろーか


前作と比べるならば、解呪の入りがわかりにくくなった。演出ゲーム数が伸びた。チャンス目の期待値が下がった(解呪の)
まーボーナス軽い分ARTの入りが悪いのはしょうがないが、ボーナスからのARTに入ることはまずない。解呪がある分入りにくい、解呪の期待度3パターンはあんまいらないような。80パーの解呪でも普通に外れる。押し順なので確定テンパイが見れない。怪異が止まる場所であるのかも?


まー大好きな西尾維新作品につき、フリーズ引くまで頑張るけどね。設定ないと本当厳しいなー
 
 
あと諭吉405人で
フリーズ王子の戦いはまだまだ続く・・・
でわまた次回o(^_-)O


よろしければツイッターフォローお願いします^_^



その他オススメ記事