前回次週は「機動戦士ガンダム覚醒」と書いてましたが、ガンダムは来週でした。今回は第10の刺客「銀と金2」です。前回の5000枚マイナスを取り戻すことができるのか?


「遅かったすね、課長ボヤいてましたよ・・・」
相棒の楢崎が、先に現場での聞き込みを済ませていたようだ
「で?状況は?」
「死亡推定時刻は今日の午前4時から6時の間で黒いゴミ袋に女性の遺体が入ってます。腕と足が刃物のような物で切り取られてますね。恐らく鋸じゃないかと」
「趣味の悪いヤロウだ 腕と足は見つかったのか?」
楢崎は頭を横に振る
「死因は?」
「恐らく、生きたまま鋸のようなもので、切り落としていく経過での失血死だと思われます。酷い殺り方しますね マトモじゃないっすよ、まったく・・・」
楢崎は溜息をつきながら続けた。
「目隠しされて、見えない状態から少しづつ腕を切られていく・・・相当な恐怖だったでしょうね」
手を合わせながら、楢崎が呟く
「顔にあるのはなんだ?」
傷とも火傷ともとれる歪な傷跡が見える。これは・・・文字か?
右頬縦に一本、右頬から左頬にかけて横に一本、左頬に一本それぞれ線がある。
「Hですかね・・・」
「まだ、今の段階では何とも言えんが何かのメッセージなんだろうな・・・」


こんにちは~フリーズ王子です
初めての方もそーじゃない方も以後、お見知りおきを^_^
では、実践へ


調子に乗って前回10人もの諭吉を旅出させた訳ですが、我が身に帰らせるべくいざ、実践 。
今回はいつもの場所じゃなくパチロボに身を任せて家から1番近くの出ているホールへとやってまいりました。


もし、前回見て頂けた方申し訳ありません
ガンダム次の週でした^^;

第10の刺客 何回目だろう^^;銀と金

前回の記事でも書きましたが、とにかく今長く打ちたい台があまりない!
そんな中でも銀と金は設定悪くとも、一度入ってしまうと何とかなる台。


と、その前にインフィニット ストラトス打ってはいけないと、ざわついている台に5本だけ触ってみようと着席。打ったことは一度あるが、やはり当たってもずっと首を傾げていた記憶の台。


大した事が起こらなかったので、巻きで 投資5本当たり10回
全呑まれ やはりずっと首を傾げて終了。
個人的には システム・演出は嫌いじゃない。がっ!とにかく出ない、繋がらない、演出バランスが悪いISチャレンジはほぼ赤まで行って、ほぼ外す。まー2度と触らないでしょー^_^


ってことで、本番銀と金へ
その前になんやかんや打ち散らかし、総投資7万なってましたね ええええ
マジ最悪な展開。


8本目をサンドに投入5本で当たり

銀と金2


初期ゲーム250
うーんなんとかなるかも。
んで、供託から


銀と金3


からのボナ確目


銀と金4


やっぱこういう出目ないと面白くない


銀と金5


なんやかんやで1500枚
んーヘルエッジが延びない^^;
 
他に打ちたい台無くて、設定絶対悪いの分かってるがこれ打つしかない^^;
シナリオずっと悪いしな。って、なんやかんやで結局


結果

投資:3750枚
回収:500枚
マイナス:3250枚


いやー2連敗。何連まで、いくのやら次は連敗記録を更新するのか・・・


あと諭吉380人(端数は切って)
フリーズ王子の戦いはまだまだ続く・・・


でわまた次回o(^_-)O
よろしければツイッターフォローお願いします^_^

その他オススメ記事